日本で初めて警備業が誕生したのが昭和37年(1962年)で、それ以来、お客様各位の警備に対するご理解・ご認識の高まりと業界の努力により、順調に需要が伸張すると共に、より高度・高品質の警備の提供が要求されてきました。

そこで、平成5年(1993年)10月、日本列島・北は北海道から南は沖縄まで各地域の優良警備会社のご賛同を得て『地域に密着した警備』のできる「安心」と「安全」のセキュリティ・ネットワークを構築致しました。

このネットワークの構築により、大手企業・全国規模のチェーン店舗等のニーズに対応できる態勢が出来上がりました。 

21世紀に入り、「安心」と「安全」は益々重要な問題のひとつであり、その対応が必要とされる分野となっております。
この社会的役割が重要視される警備業において、当ユニセキネット会は注目される存在になっております。

今後も引続きユニセキネット会・会員会社がより高い品質の警備を提供し続けられるよう努力・精励致しますので皆様のご支援とご用命を賜りますようお願い申し上げます。

ユニセキネット会
会長代行   中川 悟







●日本列島・北海道から沖縄までの「安心」と「安全」のセキュリティ・ネットワークの構築
●地域に密着した優良警備会社のネットワークの構築
●会員各社の発展と安全な社会づくりへの寄与
●各企業からの受託物件の会員各社への警備委託
●会員各社の受託物件の会員各社への警備の相互委託
●会員各社相互の情報交換と情報提供
●会員各社の品質向上と新商品提案の研修会開催
●警備仕様の維持・向上のための施策の立案と実施
●事故・ミス事案の対策の立案と予防
●警備関連ビジネスの開発・提案・斡旋